バイナリーオプションの勝ち方と注意点

バイナリーオプションの良さについてお話していきます。バイナリーオプションとはFXの相場、チャートを利用します。

例えば30分後にドルが1円以上なのか?(ハイなのか?)1円未満なのか?(ローなのか?)について掛けていくのです。丁半博打みたいなものでしょうか?

ただし単純な50%の博打ではなく、ある程度チャートが読めるようになったりトレンドを読むことで、その確率を高めることが出来るのです。

つまり自分自身のテクニックやンノウハウを持つことで勝率を100%に近づけることが出来る。これが良い点の一つですね。

それともうひとつは時間が限定されているということです。
バイナリーオプションは、○○分後(時間後)に■■よりハイ・ローにベットするものです。ですので、その時間になれば強制的に決着がつきます。

その時間には当たりかハズレかが必ず分かるのです。
見方にもよりますが、これもひとつの良い点であると私は考えます。
なぜなら株やFXみたいに塩漬けになることが無いからです。

常にマイナスのポジションを持ってしまい、それが気になって気になって仕方が無くなる・・・こんな経験はきっとFXなどやったことある方は分かるかもしてませんがバイナリーオプションであればそれがありません。
 
ダメなものはダメ、良いものは良い。時間が来ればはっきりと決着が着くバイナリーオプションは私はとて性に合っていると感じています。

バイナリーオプションの基本であるハイ・ローは、丁半博打みたいに言われますが、相場をしっかり勉強し、相場が予想しやすい時に小さくやれば、ある程度、勝てることができます。外為オプションやFXトレードフィナンシャルのバイトレなどでハイローのようなサービスを楽しめますので是非チェックしてみてください。

相場を勉強するというと大げさな感じはしますが、基本的には、相場の方向性が読みやすい大きなイベント直後にコツコツすると勝率は驚くほど上がります。(引き際を間違えるとやられてしまいますが・・・)

いきなり始めると危険なので、ダミートレードや、小額でしてみると良いと思います。ダミートレードだと、実際にお金をかけた時の感覚と全然違ってしまうので、小額でも現金を賭けることをお勧めします。

バイナリーオプションの一番いいのは、賭けた金額以上に負けることがないこと。一番悪くてもかけたお金を失ってしまうだけなので、リスクをコントロールすることができます。

熱くなって借金までして…という状況に陥るとまずは勝てないので、お酒でも飲みながら、楽しみながら、参加することをお勧めします。

バイナリーオプションを始める際に気を付けることは、そのリスクに理解をしておくということが大切です。
バイナリーオプションは、稼げる、といったような広告を見かけることも多いですが、その反面に損をしてしまうというリスクもあります。このため、このリスクを理解しておくことが必要なのです。

たとえば、ペイアウト率が2倍という業者もあり、もしも予測が当たった場合には、軍資金が2倍となりますので、一度に儲かることになります。しかし、もしも予測が外れた場合には、軍資金をそのまま失ってしまうということにつながります。

このため、バイナリーオプションは、ハイリスク、ハイリターンであるといえるでしょう。もしもあまりリスクを負いたくない、というのであれば国内業者での取り引きにしておいた方が良いかもしれません。

しかし、バイナリーオプションは、シンプルな取引方法となりますので、初心者の方でもとてもわかりやすいということで、人気となっています。

海外のバイナリーオプション業者の取引

海外のバイナリーオプション業者は、日本の業者が扱っている取引とは違い、短時間の取引が充実しています。取引スタートからわずか数分で結果が分かるので、気軽にバイナリーオプションを楽しみたい人には最適です。

また1回あたりの取引時間が短いので、1日で開催される取引の回数が非常に多いのも魅力でしょう。

日本のバイナリーオプション業者も、以前はわずか数分で完了する取引が行われていました。取引の回数も多く、いつでも空いた時間に取引に挑戦することが出来るのが魅力となっていました。

しかし現在は取引に規制が加わり、約2時間かけて取引が行われるようになっているのです。その分取引失敗のリスクを減らせるというメリットもありますが、以前のスピーディーな取引が好きだった人にとっては、若干物足りなく感じるかもしれません。

海外のバイナリーオプション業者なら、日本の規制による制限がありません。

その為以前のようなスピーディーな取引に参戦することが可能になっており、利益を得るチャンスもたくさんあります。好みに合わせて海外業者の利用も検討してみると良さそうです。

バイナリーオプションに塩漬けは存在しない

どう動いてもポジションをそのままにしておくことを経済用語では、塩漬けといいます。

反対に、希望通りに動かない場合、諦めてポジションを決済するのは損切りです。これは投資において必要な能力です。なぜなら株式投資やFXは損切りしなければ、無限に資金が減っていきます。

それがわかっていても、自ら価格を設定して損切るなんて勇気がいることは出来ない。だから、悩んでいる!中にはそんな人もいるかもしれません。だとすれば、相応しいのはバイナリーオプションです。バイナリーオプションは、好きな通貨のチケットを購入し、時間内に指定された条件を満たせば報酬が支払われる取引です。

例えば、米ドル円は15分後に買った価格よりも高くなっているか、安くなっているか、です。安くなっていると思えば、安くなったときに報酬が支払われるチケットを買います。

バイナリーオプションは、買ったときから損額や得られる利益、さらに勝負が付く時刻まで決まっているので、塩漬けとは無縁だし、損切りを設定する必要もありません。

やることは、予想してチケットを買って待つのみです。

バイナリーオプションを頑張っている初心者が感じたこと

バイナリーオプションを頑張っている初心者です。まだトレードを開始してから1か月未満なので、上手く利益を出せていない状況です。

そんな私が感じていることは、バイナリーオプションは自身のコントロールが非常に重要という点です。

自身のコントロールができなければ、無駄なエントリーが増えてしまうので、それだけ損をする可能性が高くなります。エントリーするサインが出た時だけを狙うことによって、儲けを大きくできます。

頭ではこれがバイナリーオプションで勝つために必要だとはわかっていますが、まだ自身を上手くコントロールできていません。エントリーすべきではないと頭では理解しているのですが、ついエントリーしてしまうことがあります。

バイナリーオプションは勝っている人は、ついエントリーする行動がないのではと考えています。まだ勝てるほどの精神力や分析力はありませんが、今後バイナリーオプションでトレードをする中でたくさん勉強していきます。

チケットを買って待つだけのバイナリーオプション

主婦や若い女性の間で人気なのがバイナリーオプションです。FXと言えば、ポジションを持つのに証拠金が必要で、動く相場に対して、常に自分がリスク管理のため、目を光らせていなければいけない大変なイメージがありますね。

忙しい人にとって、それは大変なことです。レバレッジがかけられて、損切りも自分で行わなければいけないので、気が抜けません。

バイナリーオプションは、証拠金ではなくチケットの購入になります。FXでは1000通貨を1枚持つときにおよそ4000円の証拠金がかかります。

しかもそれは、最低限の金額で、為替の変動を考慮すると1万円ぐらいは欲しいところです。株式投資を思えば全然安いですが、バイナリーオプションの場合、1000円もあれば十分です。

チケットの代金は業者ごとに違いますが、どこもFXの証拠金よりも安いです。例えば、みんなのバイナリーという業者がありますが、1ロットあたり最低50円から取引可能です。

そして、最大でも990円です。みんなのバイナリーの1ロットあたりの支払は1000円なので、50円で買ったチケットが当たれば950円が受け取れることになります。